マボロシ流‐廃車の流れ、やり方指南書!

マボロシ流‐廃車の流れとお金のここで一発!

廃車とは一言で言うと乗っていた車を手放すタイミングで車の存在を消去する事です。

 

 

廃車の手続き費用詳細

 

基本的に解体業者にもよりますが、平均的に1万円と見ていても問題ないでしょう。

 

 

リサイクル料金に関しては最近10年以内に車検を通している場合には費用は掛かりません。

 

 

 

種類は2種類あり、一時抹消登録と永久抹消登録です。

 

 

 

廃車の流れは代行会社に依頼するか、廃車前の車買取業者に頼む事をおすすめします。

 

 

 

 

 

車には避けられない寿命やトラブルがあります。

 

 

 

車種は同じでも、全く同じ部品は存在しないで、機械で作っていたとしても頑丈度や精度は変わってしまいます。

 

 

 

飲酒運転こそ減っては来ていますが、事故は毎日どこかで起きていますよね。

 

 

ニュースで最近はタクシードライバーが5人近くの人を巻き込んでいる情報もありました。

 

 

 

プロでも交通事故を起こす世の中、車の初心者や乗り始めは注意が必要です。

 

 

 

 

昔は今ほど法律も厳しくなくて、廃車の手続きが面倒で、費用が払えない場合には道路にずっと放置する若者もいた。


 

 

 

 

 

これだけ日本中監視カメラで囲まれた今では正直放置してもより厳しい罰則がかかるだけだろう。

 

 

 

 

車の借り換えのタイミングで廃車をする人は減りつつある。

 

 

 

 

 

では車の次にはお金の話をしていきましょう!

 

 

■カードローンは自分のお金ではない

 

 

 

お金に困った場合に利用すると便利なのがカードローンやキャッシングという方法ですが、基本的にカードローンもキャッシングもあくまでローンであり自分のお金ではないということをしっかり理解し忘れないようにすることが重要です。

 

 

 

一見誰にでも利用できるため非常に便利なカードローンやキャッシングではありますが、そこには必ず金利が設定されており金利と借りた金額に応じて利息が発生することになります。

 

 

 

この利息は借りた金額が多ければ多いほど、返済期間が長くなればなるほど支払わなければいけない金額が増えていくことになりますので、実際に借りた金額以上の利息を支払うことになる場合もあります。

 

 

 

しかしキャッシングもカードローンも支払い方法が功名に設定されているため、実際に自分がどれくらいの利息を支払っているのかが非常に分かりづらくなっています。基本的には返済は毎月決められた金額を支払うだけでOKとなっていますが、

 

 

その金額のうち利息がどれくらいを占めているのか、返済する元本の割合はどれくらいなのかを知って返済している人は非常に少ないと言えるでしょう。

 

 

 

そのため知らず知らずの内に無駄な利息を支払い続けてしまうことになります。この状態に陥りやすいのはカードローンやキャッシングを自分の口座からお金を下ろす感覚で使用している人で、そういった人の場合カードローンがローンであることをすっかり忘れていることが考えられます。

 

 

 

 

このような使い方は最もカードローンやキャッシングの使い方としてはダメな使い方ですので、いくら便利でもローンであり借金であることを忘れないようにすることが重要です。

 

 

 

■信用情報機関のことを知りましょう

 

 

 

カードローンを利用するためには必ず審査を通過する必要があり、そのために利用されるのが信用情報機関と呼ばれる特別な機関です。この信用情報機関はカードローンやキャッシングだけでなく自動車ローンなどにも関わってくる機関ですので、ローンを利用している人は自分でも知らない間に関わりを持っている機関となります。

 

 

 

信用情報機関ではカードローンやキャッシング、クレジットカードの利用に関する情報を記録している場所となり、いくら借りているのか、返済はきちんと行われているのかなどの借り入れや返済、延滞や遅延といった情報が全て信用情報機関に集まっていることになります。

 

 

 

 

そのためもし信用情報に問題がある場合にはカードローンの利用が出来なくなる恐れもありますし、自分でも気がつかない間にカードローンを新たに利用できなくなっている可能性もあります。基本的には遅延や延滞を繰り返せば信用情報に傷がついた状態になり、いわゆるブラックリストと呼ばれる扱いになります。

 

 

 

 

そのため少しくらい返済が遅れても大丈夫といった身勝手な考え方は、カードローンやキャッシングだけでなく全てのローンやクレジットカードの利用まで出来なくなる恐れがあります。

 

 

 

そうなってしまうと最低5年間はローンの利用が一切出来なくなりますし、今使用しているカードローンなども利用停止になりますので、とても不便を強いられるだけでなく、買い物の際に分割で支払い出来ないといった問題も生じてきます。

 

 

 

近年では携帯電話の分割払いも信用情報機関と関わっているので、カードローンなどの返済の遅れが与える影響は非常に大きいと考えなければいけません。

 

 

 

 

■自分の年収とのバランスを考えましょう

 

 

 

消費者金融のカードローンの場合は総量規制と呼ばれる規制が設けられています。これはカードローンの使いすぎを防ぐための規制であり、本来利用者の生活を守る法律となっています。

 

 

 

しかし総量規制があることにより自分が必要としている金額を借りることが出来ないといった不利益も生まれてくるため、総量規制の存在はメリットもデメリットもある悩ましいものだと言えます。

 

 

 

しかし逆に考えてみれば自分が借りることが出来る金額の上限が決められているということは、その金額が自分にとって生活に支障の出ない金額であり年収を考えた場合の最良のバランスであるということも言えます。そのため自分の年収を正しく把握して、収入と支出のバランスを考えてカードローンなどを利用することが重要となります。

 

 

 

 

銀行のカードローンの場合は総量規制が無いので規制がかかることはありませんが、やはり年収の金額に応じて銀行が貸す金額を判断するため、総量規制が無くても自分の望む金額を借りれるとはいえないということを理解しましょう。生活に支障をきたさない使い方こそが正しいカードローンやキャッシングの使い方といえます。

 

 

敬老の日に、幼稚園の年長さんの孫から手紙が来ました。

 

 

 

 

封筒も手作りで、あて先は息子の字で送られてきました。中には幼稚園で用意したであろう便箋様の紙が1枚入っており、そこに孫の手になる文章がひらがなで書かれていました。

 

 

 

内容は、夏休みに上の孫と一緒に1泊旅行に連れて行ったお礼と、運動会で頑張るので、見に来てくださいと言う趣旨の文が書かれていました。

 

 

ひらがなの読み書きができる事は知っていましたが、話し言葉と少し違った小学生が日記を書くような文章になっていた事に少し驚きました。

 

 

息子に電話すると、息子は宛名を書いて切手を貼って送っただけで、手作りの封筒は幼稚園から持ちかえった時に封がされていて、息子は読んでいないし、全く手伝っていないとの事でした。

 

 

 

幼稚園の先生が少しは手直しなどしたのかも知れませんが、書き直した形跡もなく、孫が自分で考えてしっかりと書いた様でした。

 

 

車の購入や廃車も自分の年収を冷静に客観的に判断しておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

自分の2人の子供に対しては、仕事が忙しくて妻に任せきりにしていた事もあり、またもう遠い昔の事であるため、その成長の軌跡をよく覚えていません。しかし定年退職し、孫の成長を見守る事が1つの楽しみだある今、そんな孫からの手紙に妙に感心したりしています。

 

 

孫は目に入れても痛くないほど可愛いもので、それは孫に対しては子供を育てる様な責任が無いからだとも言われます。

 

 

 

もちろん、子供を育てる様な責任がないのは事実ですが、孫が可愛いいのは一般的には多忙さから解放され、じっくりと客観的に孫の成長を見る事が出来る状況にあり、すでに経験したはずの成長過程が新鮮で、感動的にさえ思える事の方が大きな理由の様に思えます。

 

 

 

 

 

中々言葉が出ず、親以上に心配していた孫ですが、言葉が出たと思うと、単語ではなくいきなり短文を話し出した孫が、もう手紙文を書けるのだとちょっと嬉しくもなった最近の出来事です。

 

 

 

廃車の流れや詳細、またお金の情報に関してまとめてみました。